緑内障には注意点があるのです|早速治療をスタート

2人の看護師

視野が狭くなる目の病気

男の人

目で見える範囲が狭くなり、見えない部分ができた場合は緑内障になっている可能性が高いため、すぐに眼科で診てもらう事が肝要です。眼科で処方される目薬を使用する事で、眼球の圧力を下げて、緑内障の症状を改善する事ができるためオススメです。

読んでみよう

早期治療が大切な目の病気

目頭を押さえる男性

緑内障は、視神経に障害が起きて機能しなくなり、視野の一部が暗く見えるなどの症状が出る病気です。日本人の40歳以上の20人に1人が発症する病気で、放置すると失明や視力低下の可能性があるため早期発見治療が重要です。

読んでみよう

眼圧上昇に注意です

医者と看護師

特徴を知ってますか

緑内障は眼圧が上がる事により引き起こされる疾患と考えられています。眼圧といっても、目を押さえつける圧力ではなく、目の中に水分がたまって目が膨らむことによって発生する圧力です。この圧力によって、目の外で脳とつながっている視神経が圧迫されることで視力障害をおこすのが緑内障です。緑内障は自覚症状が薄い疾患です。そのため早期に眼圧に対する様々な検査をする事で、疾患の悪化を予防することが重要になります。治療は点眼薬を使用する場合がほとんどです。内服薬を同時に処方されることもあります。疾患が進行するとレーザー治療や手術が適応になります。緑内障において、すぐに手術適応になることはないので、疑わしいと思ったらすぐに眼科にかかることが大切です。

知って役立つ知識です

食生活に関しては、何かを食べてはいけない、といったものは緑内障ではありません。しかし生活習慣病が疾患の発症に関係している可能性が指摘されています。そのため、規則正しい食生活をおくることが大切です。タバコは血管を収縮させ視神経に悪影響があるため、禁煙した方が良いとされています。疾患の治療をしていると市販薬の中に、緑内障の患者は使用禁止と書かれているものを見つけることがあります。風邪薬などに多い記述ですが、これはすべての緑内障の患者にあてはまるものではありません。開放隅角緑内障という緑内障の方は、一般に風邪薬などを飲んでも問題ないとされています。自分がどのタイプの緑内障なのか、医師に相談することで市販薬の内服も可能になります。

目の病気の治療

案内

目の病気には、緑内障や白内障、網膜症などがある。いずれの目の病気も眼科の病院で治療することができる。白内障や緑内障は進行性の眼疾患であるため、早めに治療することが大切である。最近はドライアイになる人が増えており、目を酷使した時には休憩して、目を休めることがドライアイの予防法になる。

読んでみよう